税のことなら税理士に相談を

税の仕組みは複雑であり、素人ですべて対応するのは難しいです。税のことなら、専門家である港区の税理士に相談しましょう。

こんなときにはどうすればいい

確定申告のやり方がわからない

個人事業主は一年に一回、確定申告をしなければなりません。申告の方法がわからない場合、税理士に申告書の作成から税務署への申告まで依頼できます。

会計ソフトの使い方がわからない

最近は便利な会計ソフトがたくさん登場していますが、使い方がわからない場合は、税理士にそのソフトへの入力を依頼できます。

資金繰りや融資を相談したい

会社を経営していて、資金繰りに困ったり、融資を受けたかったりした場合、税理士に相談できます。

役員報酬をどのように設定すればよいのかわからない

会社を経営していて、役員報酬をどのように設定すればよいかわからない場合は、税理士に相談できます。

決算書の作成や税務申告の方法がわからない

決算書の作成や税務申告は、税理士のメイン業務とも言えるものです。税の専門家である税理士に依頼すれば、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などもしっかりしたものを作ってくれます。

気軽に相談できるかどうか

男女

税金のことは細かい法律も関わってくるので、節税をしているつもりが脱税になっていた、ということもあるようです。脱税になってしまうと追徴課税が課せられてしまいますし、大手の企業であれば信用にも関わってきます。そこで税金に関することはどんな些細なことでも税理士に相談をするように心がけるとよいでしょう。専門家なのでキチンと対応をしてくれますし、指導を受けることもできます。港区内にもたくさんの税理士事務所があるので、企業の近くにあるところを見つけてみるなど、気軽に相談に応じてくれるのかどうか、という点をチェックしておくとよいでしょう。そうすることで信頼関係を築くこともできるようになるので安心できるようになります。

報酬面のチェック

計算

税理士に相談をする場合には顧問契約が必要になることがあります。何も相談をしなくても顧問契約が必要になれば、報酬の支払いもしなければいけません。港区内には顧問契約料が高額な事務所もあるので、どれくらいの金額が適正なのか、ということもチェックしておくとよいでしょう。あまりにも高額になってしまうと、経費がかさんでしまうということになるので、好ましくはありません。また親身になって相談に応じてくれるのかどうかも確認が必要です。

担当者制度の利用

女性

税理士事務所で多くの税理士を抱えていることもあります。その場合には担当者がいなければ、誰に相談をするべきなのか分からない、という状況に陥ってしまいます。担当制度があるところであれば安心できますし、相談も行いやすいです。港区にある税理士事務所の中で選びたいということであれば、担当制度を導入しているのかどうかもチェックをしておくとよいでしょう。そうすることによって何かあった時にも気軽に利用をすることができます。

広告募集中